国の一時支援金について

 2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等の皆様に、「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」 が給付されます。なお一時支援金の給付要件等は、今後変更になる可能性があるそうです。


 <1:給付対象者かどうかの判断>
①緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業の影響を受けていること 又は ②緊急事態宣言に伴う外出自粛等の影響を受けていること(飲食店の時短営業又は外出自粛等の影響を示す書類の保存が必要です。申請時に提出は不要ですが、事務局等から求めがあった場合には、速やかに提出する必要があります。保存書類の要件は下記へお問合せ下さい)。
③ ①又は②の条件に合致した上で、2019年(1月、2月又は3月の売上)、又は2020年(1月、2月又は3月の売上)と比べて、2021年の1月、2月又は3月の売上が緊急事態宣言の影響で50%以上減少した事業者(2021年売上の1月~3月間のどこか1か月でも、前年又は前々年と比べて50%以下であること)。
*緊急事態宣言下の地域から来るお客様が減った、緊急事態宣言下地域のお客様(個人客)への販売が減少した(直接取引)、卸先の企業が緊急事態宣言下地域のお客様(個人客)への販売が減少した(関節取引)、企業であることなどが要件と聞いております。要件合致すれば緊急事態宣言のない石川県内の企業でも申請出来ます。 
給付対象者であるかどうか、保存書類の要件、の判断は商工会では出来ませんので、恐縮ですが下記へお問合せ下さい。
【申請者専用】TEL:0120-211-240  IP電話等からのお問い合わせ先:03-6629-0479(通話料がかかります)

 <2:給付額>
 2020年又は2019年の対象期間(1月~3月)の合計売上 - 2021年の対象月(1月~3月の任意の月)の売上×3ヶ月 
  = 給付金額。   中小法人等:上限60万円  個人事業者等: 上限30万円

 <3:申請方法> 申請期間は2021年3月8日(月)~5月31日(月)、Web又は申請サポート会場からのみ申請が可能です。
①一時支援金ホームページへアクセスする 「 一時支援金 検索 又は https://ichijishienkin.go.jp/ 」
②仮登録(申請ID発番)するボタンを押して、電話番号、メールアドレスを入力し、申請区分を選択して、仮登録する。
③申請者が入力したメールアドレス宛に本登録用メールが届いていることを確認し、ログインID及びパスワードを設定すると、申請IDが発番され、マイページが作成される。
④書類を準備の上、登録確認機関(商工会等)に事前確認を依頼する。山中商工会会員の方は簡単に事前確認作業が出来ます。会員外の方は事前予約の上で商工会へお越しください(会員外の方は確認必要書類が増えます)。
※ 登録確認機関による事前確認に必要な書類や確認内容、依頼方法については、一時支援金HPをご確認ください。
  https://ichijishienkin.go.jp/
⑤商工会で確認が終了すると、申請者がマイページでその後の手続きへと進むことが出来るようになります。
⑥申請者ごとのマイページにて必要項目入力、必要書類添付(データ貼付)する。
⑦申請完了(完了後に事務局から追加書類を求められる場合があります)。 ⇒ 支援金振込。

*商工会は認定のみで申請作業は出来ません。ご自身でWeb操作して頂くか申請サポート会場をご予約下さい。申請サポート会場:金沢第二ビル4F 石川県金沢市広岡1-1-35 電話予約窓口(オペレーター対応)8:30~19:00(土日・祝日含む全日)0120-211-240 
*その他お問合せは【申請者専用】TEL:0120-211-240 IP電話等からのお問い合わせ先:03-6629-0479(通話料有)