【機械・設備導入】働き方改革推進支援助成金のご案内

新たな機械・設備の導入により、生産性を向上させたい中小企業事業主の皆さまへ

 

働き方改革推進支援助成金(労働時間短縮・年休促進支援コース)の募集が4月1日より開始されました。本制度は”年次有給休暇の計画的付与制度””時間単位の年次有給休暇制度”、”病気休暇等の特別休暇”などを新たに取り組むことによって、機械・設備の導入に対する助成を受けられる制度です。

 

募集時期:令和4年4月1日~11月30日(ただし、予算の都合により早期に受付締切の可能性あり)

助成対象:労働能率の増進に資する設備・機器の導入・更新、騒動管理用機器・ソフトウェア等

助成額:最大490万円

補助率:対象経費合計額の3/4(一部対象者は4/5)

成果目標:①月60時間を超える36協定の時間外・休日労働時間数を縮減させること

     ②年次有給休暇の計画的付与制度の新たな導入

     ③時間単位の年次有給休暇制度の新たな導入

     ④特別休暇(病気休暇、教育訓練休暇、ボランティア休暇、コロナ休暇、不妊治療休暇)

       のいずれか1つ以上の新たな導入

実際の導入事例:①印刷機械の台数を増加(印刷業)

        ②ホットショーケース(弁当販売業)

        ③自動車整備用リフト(自動車整備業)

        ④除雪機(デイサービス業) 

        上記はあくまで一例です。具体的な活用方法についてはご相談ください。

 

詳しくはホームページリーフレットにてご確認ください。

ご相談については、最寄りの労働局雇用環境・均等室もしくは当商工会までご連絡ください。

 

お問い合わせ先:山中商工会0761-78-3366 (担当:浅井)